債務整理は個人でもできる

債務整理は個人でもできる

私はクレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠の合計30万円くらいを任意整理しました。他にも消費者金融からの借金と、奨学金がありましたが、そちらはそのまま返済を続けました。なぜクレジットカードだけを債務整理したのかというと、3ヶ月の延滞をしてしまって一括請求が来てしまっていたからです。

 

その後すぐに仕事が見つかったので返済ができるようになりましたが、1社だけは一括請求が来てしまっていて任意整理をする必要がありました。仕事で忙しかったので特定調停という方法はとれず、任意整理をすることにしました。

 

通常は弁護士や司法書士に依頼をするようですが、私はダメ元でクレジットカードの会社に相談をしてみたら、任意整理の交渉に応じてもらえました。利息を全額カットしてもらえたので、弁護士や司法書士に依頼をするのとほぼ同じ効果がありました。30万円くらいの少額でしたので、着手金や成功報酬を節約できたことは大きかったです。

 

インターネットで調べてみると、任意整理は個人で交渉をして成功する可能性は低いらしいです。私は学生のときに作ったクレジットカードなので対応してもらえたのではないかと見ていますが、たまたま運が良かっただけかもしれません。

債務整理のおかげで返済が楽になった

給料はそんなに悪くないんですが、毎月のように出費の多い生活を送っており、いつでもキャッシングができるからと油断していたのが悪いんだと思います。気づいたときには借金が膨れ上がり、毎月の返済に無理が生じるようになったんです。それでも頑張って返済をしてきたものの、流石に限界を向かえて返済が滞りがちになってしまいました。

 

延滞金まで発生してますます返済が困難になったため、藁をもつかむ思いで弁護士さんに相談しました。弁護士さんから債務整理という借金の解決方法をアドバイスされたんですが、その方法を利用すると弁護士さんが自分の代わりにキャッシング業者と話をしてくれるそうです。自分が直接話をしなくても良いことに安心して、債務整理を弁護士さんに依頼しました。

 

この方法は任意整理と呼ばれているそうです。弁護士さんの交渉の結果、返済額を減らせることに決まりました。おかげで月々の返済を無理なく行えるようになりました。これなら安心して今後も生活を続けられます。しかし、再び返済が滞ると大変なことになりますので、借金を完済するまで絶対に返済を滞ることなく続ける覚悟をしています。

 

親身になって対応してくれた弁護士さんには、とても感謝しています。

住宅ローンと他の出費に苦しみ債務整理の利用を決心

30歳で念願のマイホームを手に入れましたが、住宅ローンの返済が同時に発生するのは仕方がないことです。ところが、子供が成長するのと比例して、教育費などの支出が増え、車のローンや生活費なども意外にも膨らんでいくのを実感していたんです。

 

また、お金の管理が苦手にもかかわらず、やや無駄な支出が多い生活を送っていたのも災いして、カードローンの借金総額がかなりのものになってしまいました。いつか返済できるからと油断していた自分も悪かったのですが、消費者金融から返済について迫られるようになり、このままでは子供たちに迷惑をかけるからと弁護士に相談して債務整理を行うことにしたんです。

 

債務整理については以前から耳にしていたものの、行うことで近所にバレるのではないか、弁護士に支払う費用が高いのではないかと考え、利用を躊躇していたんです。ですが、悩んでいるうちに借金があっという間に膨らんでしまったので、思い切って弁護士に話を聞いてもらいました。自分の場合だと個人再生という債務整理が適しているといわれました。

 

自己破産とは違って資産である住宅を手元に残せるのがメリットです。返済は大変ですが、減額されたおかげで無理なく行えています。近所の人にもバレず、やってよかったと思っています。

参考サイト

  • 借金 任意整理

    任意整理や個人民事再生、自己破産の3つからなっている債務整理。個人で行う債務整理は知識の限界があるため非常に困難です。ですから、専門家である弁護士に相談して借金を返済しましょう。