借金の滞納について

借金の滞納について

借金する際には、必ず返済の計画を決めた上で借りることができます。この返済計画を組む場合に大切なことは、給料日の直後に組むことが大切です。自分の手元にある程度お金があれば、他のお金に使用するよりも優先的に返済から済ますことができます。銀行によっては、この返済日付が決まっている場合もありますが、自分で決められるようなら、必ず給料日の直後にするべきです。

 

返済について、口座引き落としにしていれば自動的に返済されますが、振り込みの場合は注意しなければなりません。特に、手帳やカレンダー等にはチェックして、返済を忘れて滞納することのないようにすることが大切です。カードローンのように、返済期限は設定されていても、いつでも返済できるように便利なシステムもあるので、まとまったお金が入った場合は、まず返済を済ませてから、自分の生活費として使用すべきです。

 

しかし、借りる前には、絶対その期限前までに返済するつもりではあっても、状況が変わり滞納する場合も生じてきます。そのような場合には、なるべく早くその借入先に、いつまでには返済できるかということを連絡しておくべきです。それは、借金については信用があってこそ、お金の貸し借りが成立するからです。

 

これを怠ると、次借り入れたい場合にスムーズに借りられない場合があります。頻繁に滞納した場合には、最悪、次回以降借りられない場合も考えて、確実な連絡が大事です。その滞納があまりにもひどい場合は、滞納の記録について金融会社が加盟している信用情報機関に登録されてしまう場合もあります。滞納で傷がついた信用の影響で、1つの銀行で借金をしようと思い申し込みしたら審査が通らないということもあるので注意が必要です。