家賃を滞納された

家賃を滞納された

物件を所有する大家が十分な家賃収入を得るためには、何よりも物件が満室になることが重要だといえます。また、物件の契約者から毎月きちんと家賃を支払ってもらうことが大前提だといえ、滞納者が存在すると物件が空室になっている状態と同じであり、当然のことながら家賃収入が減ってしまいます。現代の大きな問題として、家賃を滞納した挙句にまるで夜逃げのように失踪してしまう契約者が増えていることが挙げられます。

 

なぜ滞納してしまうのかというと、家賃を払うためのお金がないというケースが多いようです。払う気持ちはあってもお金がない契約者だけではなく、中にはそもそも払う気がない契約者もいることが現実であり、もしもそのような契約者に遭遇してしまった場合は、大家としてはその対応に頭を悩ませてしまいます。お金がない原因は様々だと考えられますが、急な病気や怪我といった仕方のない原因だといえるもの以外に、支払うつもりがないままに家賃分のお金を使い込んでしまう悪質なケースも実在します。

 

契約者に支払う意思がないことが確認でき、さらに居留守などで契約者と連絡がつかない場合、法的な手段を行使する方法が考えられます。それは契約解除や差し押さえ、明け渡し請求などといった方法であり、繰り返し家賃の支払いを督促しているにもかかわらず、契約者がそれに応じないということを証明する必要があります。

 

その証明というのは、家賃を滞納していることによって、退去や解約、および契約解除を願うことを記載した内容証明を契約者に送付することです。内容証明を送付しても何も進展がないといった場合は、訴訟や強制執行といった物件からの退去を求めることへと進んでいきます。